メインイメージ
      このエントリーをはてなブックマークに追加

もみほぐしの注意点

肩こりなど身体にこりを感じた場合は、マッサージ店に行って肩をもみほぐしてもらったり、または自分で肩をもむという方法をとる人も多いと思います。

確かにもみほぐした直後には症状が軽くなることもありますが、ほとんどの場合は時間が経てばまだ元の状態に戻ってしまうことになります。

確かに肩こりを解消するためには、こりを感じる部分の筋肉をほぐすことにより、滞った血流の回復がみられて、こりが解消される可能性が高くなりますが、こりをほぐす力が強すぎた場合は、逆効果になることもあるので注意が必要です。


肩こりを感じている部分の筋肉に対して、強い圧力をかけると痛みを感じることもあり、多くの人たちは強く肩をもまないと効果が出ないと思っていて、極端に強い力をかけているようですが、これでは全身に力が入ってしまいリラックスできない状態が続き、さらに強い力をかけすぎると筋肉を傷めてしまうこともあります。

こりが強い人ほどこの傾向が強く、結局に力を入れて肩を自分でもんだ後には気持ち良くなりますが、その後には肩こりを悪化させてしまう悪循環に陥っている人はたくさんいると言われています。


肩を自分でもむときも、他の人にもんでもらう場合も、痛みを与えることはしないようにして、物足りないくらいの強さで気持ちよさを感じるくらいでもみほぐすようにしましょう。

こうすることで筋肉を傷めることもなく、時間も長くもみほぐすことができるようになるので、肩こりを改善できる可能性も高くなります。